求人情報を得るには

求人ほとんどの人が、仕事を探す際にはまず求人情報を得ることから始めると思います。現在は正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートタイマーと多種多様な働き方から自分に合った働き方を選択することができるので、男性だけではなく結婚・出産などで環境が変わりやすい女性も仕事がしやすい時代だといえます。それでは、希望の働き方に合った求人情報を得るにはどのようにすればよいのでしょうか。

ページの先頭へ

求人広告を活用する

仕事を探す際にまずどんな仕事があるのかを調べる手段として、誰でも求人広告を思い浮かべると思います。求人広告とは企業やお店が人を雇う際に、仕事内容や待遇などを提示して仕事を求めている人を募集するものです。求人広告の主なものとして、求人情報紙や求人情報サイト、新聞の折込みチラシなどがあります。以前は求人情報誌や折込みチラシなどの紙の媒体が主流でしたが、最近ではインターネットの普及により求人情報サイトが大きく伸びてきています。
求人広告を見て応募しているがなかなか仕事が決まらないと嘆く方もいるかもしれません。以前求人広告関係の仕事をしていたときに思ったことがひとつあります。それは、職種や業種によって応募人数にかなり偏りがあるという事です。
例えば飲食店ではカフェなどのお洒落な店やオープニングスタッフの募集に応募者がかたまっていて、募集をかけても一人も応募者がこない店もあります。正社員や派遣社員の募集では一般事務に応募が殺到する傾向にあります。
なかなか仕事が決まらないといっている人は競争率の高いところへ応募している可能性があります。派遣社員の募集などは例外ですが、同じ企業または同じお店が何週も同じ広告を出しつづけているところをあえて狙って応募すると、採用する側もこれ以上広告にお金をかけたくないので比較的採用されやすいかもしれません。

ページの先頭へ

職業紹介を活用する

職業紹介をしてくれるところには、公的機関であるハローワークをはじめ民間では人材紹介会社、人材銀行などがあります。
ハローワークは仕事を探す際に相談に乗ってもらったり、設置されたパソコンで求人の検索ができたりと一ヶ所で効率的に求職活動を行うことができます。
人材紹介会社は求職者に代わって専任のコンサルタントが経験や適正、希望を考慮して仕事を探してくれるので、仕事が忙しくて転職活動にあまり時間をかけられない人にも便利です。紹介先の企業の社風など通常は入ってからでないと分からないような事なども教えてもらえるので、安心して求職活動をすることができます。
人材銀行は対象者が40歳以上の専門的な職業に従事してきた人に限られるので利用できる人がそれほど多くないとは思いますが、対象となる人にとっては仕事を見つけるのに大いに活用できます。
職業紹介を利用することの利点は企業、応募者の双方にあります。企業にとっては、求人広告のように表に求人情報が出ないので採用活動をしていることをライバル会社や自社の社員に知られない事や双方の希望に沿った応募者の面接だけをすれば良いので求人広告に比べ担当者の採用活動に費やす時間や労力を削減することができます。応募者にとっては自分の希望に合った仕事を自分の代わりに探して紹介してもらえ、求人広告には載っていない企業の採用情報も得られるのでとても便利です。

ページの先頭へ